赤ちゃんのような肌になるにはどうしたらいいの?

 

マニアック 美容商材やさん 肌マニア 宮本が今日は効果的なスキンケアについて書いてみました(^_^)

赤ちゃんみたいな肌になるにはどうしたらいいの?
よくある質問です。

20170410-161146.jpg

答え:
赤ちゃんみたいに扱ってください!

冗談ではないんですよ(^_^)
これ、私がスキンケアの講師をさせていただくとき、よく使っている言葉。

なぜなら、
①赤ちゃんって水分すごく摂りますよね❤️

私達も朝起きたらまず水分摂りますよね(^_^)毛穴から飲む勢いで水分補給です♪
お肌のプルプル感を出すためには細胞に水分がないといけません。外からももちろんですが、何より体内の水分は大事です。
新生児は体の70%〜80%が水分。
大人は60%くらいだそうです。

20170410-162006.jpg

②赤ちゃんは痒いとき、痛いときわーん!って泣きますよね?
これってSOS。大人は大丈夫かー!
と放置しがちですが、赤ちゃんは放置しませんよね?
ワセリン塗ったり、ベビーオイル塗ったり、ベビークリーム塗ったり…
あれ?乾燥して痒いかな?とか
パリパリするな〜とか思ったら
保水、保湿しましょ(^_^)

③赤ちゃんの時ってコラーゲンが今の10倍、コラーゲンを支えるケイ素は約3倍ほどあったんですって!きゃー!

コラーゲンが存在しないと肌の弾力は保てません。コラーゲン繊維の材料ももちろん、それを支えるミネラル、
「ケイ素」も大事です。

ケイ素は最近注目されている成分ですが、水溶性になっていることと、食品として認可されていることを摂ることも大事です。水溶性のケイ素を食品から摂ると、例えば玄米なら1日40合(力士か!力士でも無理か)
サプリをオススメします(笑)

④赤ちゃんみたいに触れる❤️
赤ちゃん触る時って恐る恐る触れたりしないでしょ?ある程度しっかり密着するように、抱っこするように赤ちゃんが安心するように触りますよね。

↑この触り方ベストです(*´꒳`*)

20170410-165733.jpg

⑤赤ちゃんって清潔にしますよね(^_^)
ゴシゴシしませんよね〜。
優しくなでるように洗いますよね。
大人になってもお肌の角質層が柔らかく、薄いところもあります。かと思えば口の周りや目尻などはゴワゴワ…。

最近の洗顔料は優秀です。
いらない角質もキレイにしてくれたりします♪
それなら…
Tゾーンから泡を置いて、口周り、目尻、おでこ、ほっぺの順でやってみたらうまく行きますよ(*´꒳`*)

☆ちなみに子育てと一緒で過保護にしすぎると「自立力」がなくなり、たるみます。
☆放任しすぎると
「グレ」てブツブツします。

淡々と子育てのように(いやそう考えると難しいな(^^;)きっと自立を信じて水分や栄養を与え続けることなんだと思います。子育てと同じと考えると、大好きだよって言い続けてあげることも大事ですよね。

肌で言いかえれば、毎日毎日少しでも良いから手をかけること、かなー(*´꒳`*)


コメントを残す