おばちゃんでもSNSが出来るじゃないか!コツさえわかれば楽しい!

 

マニアック美容商材屋さん、アラフィフアナログなお年頃の宮本は、

ブログセミナーに入門しました。

 

今日のお題は講師であるまちゃさんの最新本「デジタル販促読本G」の感想を書く。

というお題。そこで掘り下げてみました。↓↓↓

 

 

 

①私がまちゃさんのセミナーを受ける理由。お客様に喜んで欲しいから。

②そのためにはニュースレターだけでなく、facebookやインスタグラム、ツイッター、ブログ、ピンタレスト私たちが学んで、わかりやすくお客様に伝えることができたら!

だってーなんかー、デジタル、IT関係の人って言語にカタカナとか多くて何言ってるかわからないこと多いじゃないですかーw(以前設計の仕事の時、大げんかして社長に怒られた)

③それを世界一わかりやすいセミナーがモットーの私たち(商材屋さん)が学んだなら、お客様の集客の手伝いができるんじゃないか!そう思ったからです。

 

 

 

今世の中の大半の人が40歳以上。そして購買層の大半は女性。

ま。つまり私ってことです笑

アナログおばさんの私が理解出来たら誰でも出来るってこと!!なんです!

 

とりあえず、まちゃさんのいう通り、出来ることからまずやる。

facebook,twitter,instagram,pintarest,blog….全て登録済み(動いてないけど(๑˃̵ᴗ˂̵))

 

 

 

この本「デジタル販促読本G」の中で一番好きなところ↓↓↓

これ!!!まちゃさんのセミナーの魅力はここに尽きる!と私は思っています。

 

 

 

まちゃさんの話で一番素晴らしいと思っていることは、

おばちゃんでもわかりやすい!!ってことです。

そして怒られない(笑)←意外とこれすごく大事

 

 

まさしくこの本はそのセミナーのポイントそのまんまです!

私、この本さえ持っていらっしゃれば、全部代わりに説明できます!(笑)※もちろんまちゃロスには対応できませんが

 

 

 

この本を私たちと一緒に読んで一から始めたらみんなが

「私も自分で好きなことを発信して集客出来るかも!」

と思っていただけたらすごく嬉しい♪( ´▽`)

イメージはみんなで寄ってたかってこの本を読みながら

あーでもないこーでもないって言いあって、ブログやFacebookをはじめてその場でフォロワーが出来るってイメージ♡

 

 

 

意外なことに私がハマっているのはピンタレスト。↓これ私のピンタレストの画面です。

 

 

 

興味がある題材。私なら「ミニチュア、パッケージデザイン、インテリア、平手友梨奈(欅坂46)、ケイ素、炭、ガウディ、設備機器、作り置き、イラストの描き方」などなど

とにかく自分が好きな写真や記事を集めて、自分のボードに貼っていくイメージ。

嬉しかったのは今までなかなか検索しても見つからなかった画像や記事がすぐ見つかること!

 

 

それと、自分のスマホの中にシリーズでストックしているのを整理してピンタレストの自分のページにまとめておいておけること!こんな感じです↓娘のお弁当のおかずを毎週作り置きで作っていて、それを取っておきたかったんです。頑張ったね自分って感じでニヤニヤするためにw

 

 

 

この↑↑↑完全なる自分の趣味の世界から、全く出会ったことがない人に繋がっていけるという面白さにすごく我ながらびっくりしています。

 

 

 

 

まちゃさんの会社の【株式会社オーティアットRC 書籍販売サイト】

→ https://ootiat2018.thebase.in/

↑ここで買えまーす♪( ´▽`)他にもたくさん書籍があります。まちゃさんはもともと大手の美容商社さんにいた方なので、美容機器のパルッキーの使い方なんて本も他に制作(→ここをクリックしてみてください)されています。書店では売っていないので、直接お申し込みして買ってやってみましょう!お手伝いしますよー♪

 

 

 

集客も経営も一人じゃないよ♡😀マニアックな美容商材を企業様、サロン様簡単若返りとマニアック美容が好きなアラフィフさんへの直接販売もやっています。何れにしても、いらないって言っても世界一わかりやすい紙芝居セミナーと(スライド進化バージョンもできます)、宮本のマニアックアドバイスがついてきます(笑)

ここが私の会社です→株式会社C・NEXT  代表 宮本みゆき

直メはこちらmiyamoto@happy-c-next.co.jp

ここをクリックすると宮本みゆきへのfacebookへ飛びます

ここをクリックすると宮本みゆきのinstagramへ飛びます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す